【比較表】パナソニック食洗機の選び方やおすすめは?結論NP-TA4

こんにちは サメちゃん(@sametyan)です。

食洗機ってなにが違うの?

高い買い物だから買ってから後悔したくない

食洗機を選びたいけどどれを選べば良いのか分からない

私も食洗機選びは悩んでいました

実際に購入するとき悩んでいる人は多いです。

というのも食洗機は便利なものなので、購入したい人が年々増加しています。

購入したい人が増えている分、たくさんの食洗機が発売されるので悩んでいる人は多いです。

そこで私はあらゆるサイトや口コミを調べあげ、家電の店員さんに話を聞いたり、実際に食洗機を触って比較した結果、一つの食洗機を選びました。

今回はその食洗機を選んだ理由から、食洗機の選び方などをまとめました。

こんな方への記事

・食洗機選びに後悔したくない方
・食洗機の購入を検討している方
・食洗機の選びかたを知りたい方

高い買い物なので後悔しないように比較していただけたらと思います。

今回は賃貸でも設置ができる据置タイプの食洗機について比較していきます。


ちなみに、結論はパナソニックのNP-TA4-Wです。

最新機種で機能も充実しコスパも良いのでおすすめです。

アマゾンでも売切れているくらいよく売れている食洗機です。

詳しい理由も説明していきます!


そもそもなぜパナソニックなのか?

まずなぜパナソニックと限定しているかというと、食洗機はパナソニックの独壇場だからです。

据置タイプの食洗機を作り続けているメーカーはパナソニックくらいなので、パナソニックに限定しました。

また作り続けているということはそれだけ実績もあるということなので安心できるという点からパナソニックを選びました。

高い買い物だから安心できるメーカーを選びました。


後悔したくない方は大きいタイプを

大は小を兼ねると言いますが、食洗機も同じことが言えます。

パナソニックの据置タイプは2種類あります。
①「プチ洗」2〜3人用
②「ファミリータイプ」5人用

そして買った人の意見を載せます。

2〜3人用を買った人の意見(一部)

・もっと大きいものを買えばよかった。
・鍋やフライパンが食洗機に入らず結局手で洗うことになった。

5人用を買った人の意見(一部)

・サイズが大きいからまとめて洗える。
・鍋やフライパンも気にせず洗える。

2〜3人用はコンパクトで良いところもありますが、後悔の感想もあるので、食洗機は大きい方をオススメします。

私は2人暮らしですが、ファミリータイプを購入して満足しています!


【比較表】パナソニック食洗機

2020年以降に発売された最新の食洗機比較表を作成しました。

比較表はパナソニック公式を参考にしました。

【食洗機 比較表】

 
商品番号 NP-TA4 NP-TH4 NP-TZ300
食器点数 40点 40点 40点
庫内容量(約) 50L 50L 50L
ストリーム除菌洗浄
ECOナビ
80℃すすぎ
ナノイーX送風
発売日 2020/9/1 2020/9/1 2020/9/1
価格
2021/1/21
約72,000円 約84,000円 約99,000円

食洗機の比較表です!

機能の説明は後述します。

上の比較表から価格と機能を比較しておすすめなのがNP-TA4です。

私自身もNP-TA4を購入しました。価格が一番安いにもかかわらず機能が充実しているので満足しています。

おすすめ食洗機
【食洗機】パナソニック NPTA4W
created by Rinker

これだけの食器をまとめて洗える!

ここからは機能を説明していきます。機能を知った上で判断したい方向けです。

ストリーム除菌洗浄とは?

ストリーム洗浄とは
50 ℃以上の高圧水流で洗いながら除菌もてくれる洗浄機能です。

パナソニック公式より

洗い→すすぎの行程で50℃以上の高圧水流でしっかり除菌しながら食器を洗ってくれる機能。

ストリーム除菌洗浄では食器がとても綺麗になります。

写真のようにカレーの汚れも余洗いなしでピカピカです!

ストリーム除菌洗浄はNP-TA4NP-TH4NP-TZ300のどの機種にもあります。

ストリーム洗浄についての感想

個人的に洗浄機能はこのストリーム除菌洗浄だけでいいと感じています。

今まで使っている中で、汚れが落ちなかったことがないので、50℃の高温で洗い流してくれるこのストリーム除菌洗浄で十分だと思っています。


ECOナビとは?

消費電力を約5%削減+運転時間を約4分短縮してくれる機能です。

パナソニック公式より

電気量5%ってどのくらい電気代が削減されているの?

1年で約400円です!
計算式をお見せします!

ECOナビ 電気代どれだけ削減されているの?

【1年間で約400円 削減】
パナソニックの公式から、1回の電気代は約20.8円
1日1回を毎日使ったら、20.8円×365日=7,592円
その5%は、7,592円×0.05=379.6円(約400円)

10年使うと4,000円の電気代削減!

あくまで計算上なので、差はあると思いますが、この機能で削減できる電気代は4、000円程度です。

私は最初、電気代を削減できるならこの機能がついた食洗機を購入しようと考えましたが、実際計算してみるとそこまで削減になっていないので、この機能は別にいらないかなと思いました。

NP-TA4NP-TH4の価格差は約12,000円で電気代削減は4,000円。

それだったら機能がついてないコスパが良いNP-TA4を選びました。

本当に必要な機能か考えて購入しましょう!

80℃すすぎとは?

80℃すすぎとは
最終のすすぎ温度が約80℃となり、より仕上がりをよくする

パナソニック公式より

50℃で洗浄してくれるストリーム除菌洗浄よりさらに高温で洗浄してくれる機能になります。

ただストリーム除菌洗浄のときに話しましたが、洗浄はストリーム除菌洗浄で十分だと感じています。

正直、そこまで魅力的な機能ではありません。

80℃すすぎの機能がある食洗機
NP-TH4NP-TZ300

ナノイーX送風とは?

ナノイーX送風とは
「ナノイー X」送風で、洗浄前と洗浄後、庫内のニオイを抑制、除菌です。

パナソニック公式より
パナソニック公式より

カレーの匂いもナノイーXのおかげで減少!


良い機能だと思いますが、デメリットもあります。

ナノイーX送風のデメリット

・この機能は最上位機種NP-TZ300のみ
 (価格目安:99,000円)
・電気代がかかる1回2.0円(24時間使用)

匂いが減少するのは良いことですが、費用がそれなりにかかります。

ナノイーX送風機能がない食洗機を使っていますが、庫内の匂いは全然気になりません。

個人的には定期的に掃除をして清潔を保てばいらない機能なのではないかと考えています。

必要な機能かどうかはしっかりと見極めましょう。


まとめ

まとめ

・おすすめな食洗機はNP-TA4
・理由は十分な機能とコスパが良いから
・食洗機はパナソニック製品が安心
・大きいタイプを選ぶと後悔しない
・必要な機能かどうかは考えて購入

高い買い物なので買ってから後悔したくないですよね。

私も購入前にすごい悩んでいました。

結果的に、NP-TA4を選んで使っていますが、後悔は全くありません。むしろ買ってよかったと満足しています。

NP-TA4のレビュー記事はこちらにあります。


食器洗いは『やりたくない家事No.1』と言われています。

その家事から解放される食洗機の効果は価格以上にあると感じています。


おうち時間が多くなったので、今一度食洗機について考えてみてはいかがでしょうか?


最後までありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA